学校行事を大切に

中学受験はいかに勉強時間を確保するかが大切です。特に大手塾に通わせているご家庭だと大手塾の予習・復習、宿題に自習と、週末の家族団らんの時間を削って勉強って方も多いのではないでしょうか。それこそ、運動会や音楽会や修学旅行などの学校行事は勉強の妨げと考えて、休ませているご家庭もあるのではないでしょうか。

もちろん成績は勉強時間に比例して上昇するのも事実です。もちろん勉強の仕方にもよりますが、やればやった分だけ成績は上がります。

だからと言って、子供の大切なリフレッシュタイムを奪うのはよくありません。勉強ばかりではストレスが溜まってしまいますし、それこそ勉強が嫌いになってしまうかもしれませんよね。そうなってしまえば、元も子もなくなってしまいます。きちんとメリハリをつけて、勉強することも大切です。我が家では、一週間の勉強計画を立てて、勉強時間とリフレッシュ時間をしっかりと確保していました。その中で、娘がどのようにそれぞれの時間を使うかは自由です。例えば、「今日は友達と遊ぶ」であったり、「今日は友達の誕生日会」というのであれば、私は遊びに行くのを許可します。その代り、遊んだ分の時間はテレビの時間を削ったり、家族団らんの時間を削って勉強にあてさせていました。模試やテストでいい結果を取ったときも、同様にご褒美としてリフレッシュタイムを与えていました。

学校行事も同様で、リフレッシュの時間です。その上、学校行事は学校のクラスメイトと一致団結して、目標に向かって頑張れる機会ですよね。受験勉強は家族や塾で一致団結して戦いますが、それでも子供同士で一致団結する機会なんてあまりありませんよね。その行事を通して子供たちは多くのことを学ぶのではないでしょうか。その大切な成長の場を奪ってはなりませんよね。学校行事は受験だけでは得られない、子供が大きく成長をする機会を得ることができます。

受験勉強を優先して、子供の大切な時間を親が奪ってはいけません。しっかりと親が時間を作ってあげる必要があります。そして、子供にも時間の管理をさせる機会を作るいいチャンスになります。

ぜひ一度、勉強とその他の時間について、子供と話し合ってみてください。

PAGETOP