塾との上手な付き合い方

私たち親子は、私が娘に勉強を教えるのが中心で、週に2度、個別指導塾に通わせるスタイルを取っていました。私も中学受験の経験者だったので、中学受験の勉強もある程度は理解していました。

ただ、親御様が中学受験の経験者でなければ、正直勉強を教えるのは苦労すると思います。最初は親御様が教えていたけど、小5、6年になるにつれて、塾に通わせるという話もよく聞きます。

しかし、塾に通わせる場合に大切なことがあります。ここで注意していただきたいのは、塾に通わせて終わりではないということです。特に中学受験の場合は、塾に任せきりではいけませんし、子供本人に委ねるだけでもいけません。しっかり、親と子供と塾が三位一体になって戦っていかなければなりません。

まず、中学受験を行う場合には、塾と家庭での勉強のバランスを上手に取る事が大切です。

よくママ友に聞くのが、塾にはかなりのお金をかけているのに、子供が塾に行くのを嫌がるようになってしまった時期には親としてとても苦労しました。塾に行くのを嫌がるようになると、自習でさえも全く行わなくなってしまったからです。

塾は勉強を教えるのも仕事ですが、勉強させるのも仕事です。時には子供が嫌がることを強制する必要もあります。そこで、親は、子供と先生の間に立って上手く調整をしていかなければなりません。まず親として、きちんと塾の先生と信頼関係もつくっていかなければなりません。親が先生を信頼しなければ、子供も信頼しなくなってしまいます。そうなってしまっては塾に通っている意味もなくなります。

塾とそれ以外の習い事のバランスを上手く取ってやる必要もあります。よく聞くのが、他の習い事をやめさせたり、友達と遊ぶ時間もなくなるほど、塾を優先させるという話です。もちろん、本人がその気になっていればそれでもいいんですが、そうでなければきちんと勉強以外の時間もリフレッシュタイムとして確保してあげる必要があります。これから中学受験を考えている家庭の場合には、塾に行かせる日数を上手に調整する事が大切だと言えます。他の習い事に影響が出ない範囲の日数を指定して、無理の無い範囲で塾に通わせる事によって、勉強嫌いになってしまう可能性が減るのです。

自分から積極的に塾を利用する子供になってくれれば、勉強の時間だけでなく、質も上がるために効率の良い勉強が可能となります。

何よりも、勉強する事が楽しいと思ってもらえるような塾を選ぶと同時に、塾だけに頼りすぎるのではない勉強方法が大切です。

最後に塾で学んだことをしっかりと家庭で復習できる場を作ってください。そして、しっかりと親が勉強の進捗具合や成績を管理してあげるようにしてください。

PAGETOP